Now Loading...

Now Loading...

ENERGY GIFT mini

無電化地域への支援

無電化地域への支援

ENERGY Gift mini は、全世界人口の約20%を占める無電化地域への、エネルギーと教育を軸にした支援プロジェクトである。電気がないため、夜に勉強することもままならないタイの無電化島の子供たちに、バンコクの大学生が中心となり企画開発したソーラーランタンを届けた。学生がランタンを企画開発するためのプログラム、ランタンのデザインディレクション、無電化島に届けるイベントなど、全てのプラットフォームをデザインすることで、タイのような先進都市と後進地域が併存する国の自国内で循環可能な支援プログラムを構築した。単に電気を届けるのみでなく、交流と教育を組み込んだことにこのプロジェクトの特徴がある。

[プロジェクト背景]
先進国から途上国への支援プロジェクトは大小様々存在する。その中には継続性がなかったり、効果が殆どなかったものもあると聞く。それは先進国から後進国への一方向的な援助が原因の一つではないかと私たちは考えている。途上国内の先進都市に住む人々が、自国の後進地域を支援するプラットフォームを構築することで、今までの支援プロジェクトとは異なる、持続可能で効果的な仕組みを生み出すことを私たちは企図した。そのために支援プロジェクトに教育的側面を組み込んだ。それは、先進都市の大学生たちが無電化地域の子供たちのために考え、行動するプログラムをつくり、無電化地域の子供たちの教育を支援するという仕組みである。貧富の差が激しい途上国において、裕福な若者が自国の課題に実際に触れること、貧しい子供たちが新たに教育の機会を享受すること、その双方それぞれの教育的機会が、途上国の持続的成長に繋がると考えている。

[デザイナーの想い]
現代を生きる私たちには、エネルギーが当たり前にある社会に生き、健康で充実した人生を送る権利がある。しかし、その権利は世界中の全ての人々の元に平等に届いていないのが現状である。経済的な理由、政治的な理由、人口過疎、そして文化的背景など、その理由は地域それぞれで異なるであろう。特に広大な土地に小さなコミュニティーが散財している途上国エリアは、費用対効果の点で、発電所やインフラ網の建設が難しいため、無電化地域となっている。この地域の人々は健康を維持することもままならない困難な暮らしを強いられているところも少なくない。「エネルギーは社会を育てる」と私たちは考えている。私たちの目標は、全ての人々の元にエネルギーがある社会を実現し、彼ら自身が人生の目標に向かって前向きに生きる環境を整えていくことである。プロジェクトの最初の対象地としてタイの無電化地域を選んだが、今後他地域への展開も検討している。

ENERGY Gift mini は、全世界人口の約20%を占める無電化地域への、エネルギーと教育を軸にした支援プロジェクトである。電気がないため、夜に勉強することもままならないタイの無電化島の子供たちに、バンコクの大学生が中心となり企画開発したソーラーランタンを届けた。学生がランタンを企画開発するためのプログラム、ランタンのデザインディレクション、無電化島に届けるイベントなど、全てのプラットフォームをデザインすることで、タイのような先進都市と後進地域が併存する国の自国内で循環可能な支援プログラムを構築した。単に電気を届けるのみでなく、交流と教育を組み込んだことにこのプロジェクトの特徴がある。

[プロジェクト背景]
先進国から途上国への支援プロジェクトは大小様々存在する。その中には継続性がなかったり、効果が殆どなかったものもあると聞く。それは先進国から後進国への一方向的な援助が原因の一つではないかと私たちは考えている。途上国内の先進都市に住む人々が、自国の後進地域を支援するプラットフォームを構築することで、今までの支援プロジェクトとは異なる、持続可能で効果的な仕組みを生み出すことを私たちは企図した。そのために支援プロジェクトに教育的側面を組み込んだ。それは、先進都市の大学生たちが無電化地域の子供たちのために考え、行動するプログラムをつくり、無電化地域の子供たちの教育を支援するという仕組みである。貧富の差が激しい途上国において、裕福な若者が自国の課題に実際に触れること、貧しい子供たちが新たに教育の機会を享受すること、その双方それぞれの教育的機会が、途上国の持続的成長に繋がると考えている。

[デザイナーの想い]
現代を生きる私たちには、エネルギーが当たり前にある社会に生き、健康で充実した人生を送る権利がある。しかし、その権利は世界中の全ての人々の元に平等に届いていないのが現状である。経済的な理由、政治的な理由、人口過疎、そして文化的背景など、その理由は地域それぞれで異なるであろう。特に広大な土地に小さなコミュニティーが散財している途上国エリアは、費用対効果の点で、発電所やインフラ網の建設が難しいため、無電化地域となっている。この地域の人々は健康を維持することもままならない困難な暮らしを強いられているところも少なくない。「エネルギーは社会を育てる」と私たちは考えている。私たちの目標は、全ての人々の元にエネルギーがある社会を実現し、彼ら自身が人生の目標に向かって前向きに生きる環境を整えていくことである。プロジェクトの最初の対象地としてタイの無電化地域を選んだが、今後他地域への展開も検討している。

Directer: 株式会社ENERGY MEET オオニシタクヤ、蘆田暢人+キングモンクット大学 Pornthep Chatpinyakoop

Designer: 株式会社ENERGY MEET オオニシタクヤ、蘆田暢人+大庭広明+阿部深月+キングモンクット大学 Pornthep Chatpinyakoop, Silar Wongsuntornpoj
  • 2
  • 1
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6