Now Loading...

Now Loading...

Gas holder (2017)

YIMBY

YIMBY

The Gasholder in England was a landmark of Energy. It supported the development of our great civilization for many years and its visible volume directly represented the scale of the city and industry it supported. Today, the issue of Energy opens both radical and negative consequences towards the natural environment. Within the name NIMBY (Not In My Back Yard) gas holders are pushed away from our society and only their vacant holes remain.
Now, following first the industrial revolution and then information revolution, the city has reached the next phase of urban development. The Energy revolution is here, creating a sustainable cycle that merges technology, economy and agricultural all under one roof. YIMBY (Yes In My Back Yard) is the first step towards a new era of energy society. It gives a positive opportunity to the city, harvesting clean renewable-energy and edible crops with a minimum of resources. It also brings people together to create an intimate community that co-exists at the intersection of good food, culture, and industry. Each collaborative project between the private sector, government and university is a step forward towards building a new agri-silicon valley.

イギリスのガスタンクは、長年にわたり私たちの文明の発展を支えてきたエネルギーのランドマーク的施設として存在していました。ガスタンクの数は、密接に都市構造と関係し、その都市と産業の規模を表象していたのです。今日においてエネルギーは、化石燃料に代表されるように自然環境にもたらす影響が問題視されています。ガスタンクは当時から、NIMBY(近所には欲しくない、という意味)と避けられており、役目を果たした今日では、大きな穴の跡地が郊外各地に多く残されています。
今、都市は産業革命から成長し、さらに情報革命を経てまったく新しい発展を遂げようと進化しています。このプロジェクト”YIMBY(近くに欲しい、という意味)” は、来たるべき新しいエネルギー社会のランドマークとなるでしょう。ここでは、効率よく再生可能なクリーン・エネルギーと安全な農作物を「収穫」することができます。また、技術、経済、農業がここに集約されることにより、持続可能な生産サイクル、経済循環、開発土壌を作り出します。YIMBY では、人々が集まり、食、文化、産業の交わる多様なコミュニティーが形成されます。このプロジェクトに賛同する民間、公的機関および学術機関による、共同研究や連携プロジェクトが、YIMBYを「農業のシリコンバレー」へと変えていくでしょう。このように、役目を終えたガスタンク跡地は、これからの都市を支える新たなインフラの一部へと変貌します。

  • 0004
  • 0003