Now Loading...

Now Loading...

SKYHARVEST (2013)

Survival axis for the world 2100

2100年、エネルギー食糧危機の対策案

SKYHARVEST is a survival axis for the World, a bond between the sky and earth. It will be capable of generating the World's energy needs and producing all the population's nutritional requirements through zero gravity farming in 2100. It will help resolve the three greatest crises facing Humankind - Population, Food and Energy.

The earth’s population will reach to 10Billion by 2100. It causes serious energy and food problem. Our environment will short to provide fossil energy and food production enough to all of us.

SKYHARVEST is hybrid of Space Elevator, solar farm and Zero-gravity Farm. It produces enough amount of energy and food for 10Billion population.

Space Elevator is 600,000km (6times longer than earth’s diameter) long stationary satellite that is made of carbon nanotube and lifter, and connects the surface of the earth and outer space. traveling to outer space with the lifter costs only 1/1000 and a lot safer compare to rocket.

We attached zero-gravity farm and solar farm along the elevator, that can produce and supply

SKYHARVESTは、宇宙と地球を結び、人類の存続を可能にするアクシスです。2100年に達するであろう100億人の人口に充分なエネルギーと食糧を、無重力農場で生産し供給することができ、これから迫りくる3大危機の、人口、食糧、エネルギー問題の全ての解決策なのです。

2100年頃には地球上の総人口が100億人に到達すると予測されており、これによって深刻な食糧不足とエネルギー不足に見舞われると言われています。地球環境も以前ほど豊富な食料や化石燃料を我々に提供できない方向へと向かっています。

このSKYHARVEST(スカイハーベスト)は、スペースエレベーターと垂直の無重力ファーム(農場とソーラーのハイブリッド)で構成された、食糧、エネルギー問題を解決するプロジェクトです。

スペースエレべーターとは、6万キロ(地球の直径のおよそ6倍)という長大な静止軌道衛星で、この長大なカーボンナノチューブ建造物に昇降機を取り付けたものです。これはロケットでの宇宙への運搬費用の1000分の1のコストで、より安全、確実に結ぶことができると期待されている技術です。

このスペースエレベーターに無重力農場とソーラーファームを垂直に配置させ、2100年に到達するであろう人口100億人に必要な食料とエネルギーの供給を賄えるよう設計が施されています。

  • 23_14
  • 23_02
  • 23_05
  • Print
  • 23_08
  • 23_11
  • 23_13
  • Print