Now Loading...

Now Loading...

Watchboy (2011)

Observation device that encourage the recovery of tsunami site

津波被災地の定点観測を通して、被災地を世界を結ぶデバイスの提案

Yamada village is vanished in one day by humongous tsunami on 3.11. 2011. Our mission is to expose their problem, difficulty and future possibility to the world. Our solar powered stand-alone electronic devices observe the process of Yamada’s recovery, and broadcast to the world via internet and store all the data in digital archive file. And also LED billboard displays messages to the village people from the world.

2011年3月11日の東北地方太平洋沖大震災及び津波の影響により、山田町は一瞬にして流されてしまいました。我々の提案したデバイスは、これからの山田町の復興の様子を、つぶさに定点観測し、これを世界にネット発信することによって、これからの復興の困難さや問題を明るみにし、世界から忘れられないような構造を作りだします。そして、全てのデータはアーカイブ保存され、今後の活動や研究の重要な資料の一部となります。またLEDで世界からのメッセージを山田町の人々に伝える機能も搭載しています。

Collaborator:
NGO Tohoku Archive
東北アーカイブ
  • 03_01
  • 03_02
  • 03_03
  • 03_04
  • 03_05
  • 03_06